2009-06-06

『紙とネットのハイブリッド仕事術』ビジネススキル向上委員会 を読んで


紙とネットのハイブリッド仕事術 (ソフトバンク新書)紙とネットのハイブリッド仕事術
(ソフトバンク新書)
ビジネススキル向上委員会


souiunogaii評価 

内容紹介(SodtBankCeative)
従来のツールと新しいネットの力を活用!

ネットに頼り切って「紙」という昔ながらのツールの利点を理解していなかったり、今までの仕事のやり方をそのまま継続してしまい、ネットの利点を生かせていなかったり、ちぐはぐになりがちなワーキングスタイルの人は必見!
会議やプレゼン、タスク管理からコミュニケーションツールまで、紙とネットの長所を取り込んだ、シンプルな仕事術がここに登場。
当たり前のことを当たり前にこなしていくためにも、従来のやり方に固執するのでもなく、逆にネットに頼り切るわけでもない作法を習得しよう。
ネットを活用すべきときにネットを、紙などの従来からのツールを使うべき際は紙を、そして双方を駆使する場合にはうまく融合させれば、仕事はぐっと楽になる!

仕事をこなす上で「知ってるとちょっと便利」的な情報を集めた一冊。
著者は"ビジネススキル向上委員会"というIT系の若手サラリーマンの団体。
本書で紹介されている仕事ツールのほとんどは無料で利用できるネット上のサービス。

実にさまざまなサイトが紹介されているんだけど、あらためて優れた機能を持つ「WEBアプリケーション」を手軽に利用できる環境が広まっている現実を実感して、すごいよなぁ、と思う。
ブラウザさえあれば、端末の環境によらずにいつでもどこでも利用できる、これってすごい技術だよな、と。
(私が仕事で携わっているのはクラサバ型のシステムなので、余計にそう思う)

それに、技術の進歩のスピードにも感心させられる。
数年前には全く存在していなかったサービスが、今では日常・仕事でのインフラ的なものとして扱われつつある。

WEB上のオープンなサービスっていうのは、常に情報セキュリティのレベルを高めることと、利便性を向上させることとの間のジレンマに、開発者たちは悩んでいるんだろうけど、その問題を解決してくれるテクノロジーが日々生みだされているみたいだ。
僕らの仕事・日常をより豊かなものにしてくれる技術者たちに、感謝感謝だ。
もくじ
第1章 マネジメントが仕事の質を決める
第2章 情報収集・整理で仕事をスピードアップ
第3章 会議やプレゼンで一味違うテクニックを使う
第4章 ネットワークを築き、自身の実力を高めていく
第5章 日常をもっと快適で楽しいものにする

本書は、タイトル通りデジタル・アナログ両方の手法で、仕事をより効率的にするためのテクニックがいろいろ紹介されているんだけれど、意外にもアナログ的なものに結構「これいいな」と思うものが多かった。

最初から最後まで全部通しても1時間くらいでパッと読めてしまうボリュームだが、そのわりに役に立つ情報がつまったお得な一冊だと思う。


2009-06-06

2009年5月の当ブログのアクセス状況


5月に読んだ本は、4冊とかなり少なめ。
それでは5月の月間アクセス報告です。

2009年5月のアクセス状況
・セッション数:1848[1日平均59.61] (前月比-102)
・ページビュー数:2581 (前月比-28)
・ユニークユーザー数:1534 (前月比-45)

記事タイトル別のアクセス順位TOP8は以下の通り。
1位 Macにしかできない事、Windowsでしかできない事 で、結局どうなの?
2位 本の虫、太田光がおススメ本を紹介。爆笑問題・太田光の『太田チョイス』:王様のブランチ(TBS)
3位 『長い終わりが始まる』山崎ナオコーラ を読んで
4位 『100回泣くこと』中村航 を読んで
5位 理系女子って?「カガクに燃えるヒト。-SCIENCE GIRLS」東京理科大の理系女子特設サイト
6位 プレゼンの準備・練習のために、特に読んでおくべきと感じた4つの記事プラス1
7位 映画「ハゲタカ」が面白そうだ!
8位 プリンタの調子が悪いので、ヘッドを交換してみたら再び綺麗に印刷できるようになった

そして2009年4月に私が読んだ本の満足度ランキングです。
1位 『あなたがここにいて欲しい』中村航 を読んで
あなたがここにいて欲しいあなたがここにいて欲しい(祥伝社)中村航

2位 『黒部の太陽[新装版]』木本正次 を読んで
黒部の太陽黒部の太陽(新潮社)木本正次

3位 『予想通りに不合理』ダン・アリエリー を読んで
予想どおりに不合理予想どおりに不合理(早川書房)ダン・アリエリー

また、今月もAmazon.co.jpを通して、当ブログで紹介した本を購入していただくことができました。ありがとうございます。
これからも当ブログをよろしくお願いします。


2009-06-02

『カインド・オブ・ブルー』タクマクヒニロ を見て


カインド・オブ・ブルー[雷鳥社版]カインド・オブ・ブルー
(雷鳥社)
タクマクニヒロ


souiunogaii評価 


私の大好きな写真家・タクマクニヒロさんの『カインド・オブ・ブルー』です。
空や海などの"青"の世界を集めたとっても素敵な写真集。
帯に書かれたメッセージは
好きなことを仕事にしたら
幸せになれると思いますか?

タクマさんがこだわりにこだわって作り上げた写真集なので、その完成度の高さは素晴らしいです。
一つひとつの写真に添えられた言葉も、非常に味わい深い。

私の宝物の一つにしたい一冊です。

タクマクニヒロさんのサイト

【関連記事】
写真集『ブルー・ノート』タクマ クニヒロ を見て

【姉妹記事】
カインド・オブ・ブルー:PHOTO IS WONDER
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。