2008-09-30

『「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い』山田真哉 を読んで


「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い (光文社新書)禁じられた数字〈下〉山田真哉「食い逃げされてもバイトは雇うな」
なんて大間違い
禁じられた数字〈下〉
(光文社新書)
山田真哉

souiunogaii評価 ハート4つ

内容紹介
数字に騙されない、「考える力」を身につける さおだけ完結編
数字に騙されない。常識に惑わされない。

この本の目的は2つあります。ひとつ目は、数字が苦手な方が、「数字の裏側」を読めるようになること。数字は人を騙す凶器です。数字のウソを学ぶことで、数字に騙されない“考える力”を鍛えます。2つ目の目的は、「会計がわかればビジネスもわかる」といった会計に対する誤解を解くこと。ビジネスに「会計が必須の教養」であることが常識となりつつありますが、会計とビジネスでは世界が180度異なります。会計の限界を知らずに使っている人が、ビジネスに混乱を巻き起こしています。
そこでこの本では、ふだん語られない“会計の本質”に光を当てます。
なお、上巻を読まずに、下巻から読みはじめても大丈夫です。

上巻が『食い逃げされてもバイトは雇うな』で、下巻が『〜なんて大間違い』って、これだけ見ると、「全然逆のことを言っているじゃないか。一体どういうことなんだ?」と誰もが当然思うだろう。
読まずにはいられない。
著者・山田真哉さんの頭の良さには、ただ感心するばかりだ。
すごいのは、もちろんタイトルだけに留まらない。中身のほうも、あの手この手で、読者を驚かせ、納得させ、感心させ、感動させてくれる。
実に巧みな書き手だ。
本の書き方をよくわかっている。

山田さんの本を読むのは本書が3冊目。
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は、大学生だった私に、新書を読むことの面白さを教えてくれた本の1冊だった。
『食い逃げされてもバイトは雇うな』は、その前作を超える面白さに感動した。

そして、本書である。
会計士・山田真哉が現在持っているすべてを注ぎ込んで書かれたといってもいい、まさに集大成的な本になっていると思う。
もくじ
はじめに 宝くじは有楽町で買うべきか否か
第1章 数字の達人は、特になにもしない―数字のウソ
第2章 天才CFOよりグラビアアイドルに学べ―計画信仰
 ケーススタディ@ 1億円を1週間で使い切れ!?
第3章 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い―効率化の失敗
 ケーススタディA 合理的に儲けようとする大学生
第4章 ビジネスは二者択一ではない―妙手を打て
第5章 会計は世界の1/2しか語れない―会計は科学
あとがき

読者の心をつかむ、タイトルともくじ。
大切なポイント、伝えたいことは太字で書く。
興味を引く、身近な話題を例に選ぶ。
語りかける、というよりも話しかける、という親しみ溢れる文章スタイル。
的確に使われる図表。
各章の末尾につけられた、まとめ。
視覚効果を意識した、余白の多いページ構成。
ところどころに、読者に考えさせる問題を用意する。
専門用語は極力使わず、厳選したキーワードをくり返し使う。

こういったことを一つひとつきちんと実践することで、非常に非常に読みやすい本になっている。
まあ、これらは、これまでの山田さんの本には共通して用いられてきたものであるし、
その他の著者の本でも、いわゆる売れている新書の多くで見られるものだ。

しかし、それだけではない。
本書『〜なんて大間違い』が、スペシャルなものである理由は、
やはり、何と言っても第2章・第3章の冒頭にあるケーススタディである。

著者は、小説『女子大生会計士の事件簿』シリーズの作者でもあるが、
その登場人物の萌実&カッキーが、本書のケーススタディにも登場している。
これが、びっくりするくらいにGood!なのだ。
同シリーズを読んだことのない人でも、本書の短いストーリーを読んだだけで、10人中10人が、きっとこの物語の(というか萌実&カッキーの)ファンになってしまうに違いない、と思う。
少なくとも私自身は、その魅力にとりつかれてしまった。

こういう風なやり方を使ってくるところもまた、山田真哉さんの巧妙なところで、本当に上手いと感じる。

本書は言うまでもなく、会計学の本なのだが、会計だけにとどまらず、
サラリーマンとして学べることのたくさんある本だった。
特に、「なるほど」と感じたのは、"費用対効果"というフレーズの使い方と、"二分法"を使った話し方。
会計についてはここ数年、ビジネス書・ビジネス誌を中心に頻繁にとりあげられていますが、私は「会計が信頼されすぎている」と感じています。「会計がわかればビジネスがわかる」的な過大評価が目につくのです。

と、あとがきにあるように、本書は会計士自らが、会計の有効範囲を説明し、会計の限界を示した、ある意味では画期的な本です。

上下巻セットで、ぜひともおすすめしたい本です。

山田真哉工房〜『女子大生会計士の事件簿』公式サイト〜


10/8から、BS-iで「女子大生会計士の事件簿」のドラマが始まるみたいで、こちらも要チェックです。

BS-i 女子大生会計士の事件簿 公式サイト


反?会計本 - 書評 - 食い逃げされてもバイトは雇うな/なんて大間違い:404 Blog Not Found

【関連記事】
『食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字<上>』山田真哉 を読んで


2008-09-30

YUKIの本まとめ (確かに > YUKIかわいすぎだろ)


はてブで、YUKIのかわいさが注目されているのを見つけて、JAM時代からのYUKIファンの一人としてとても嬉しくなってしまったので、思わずYUKIの出版物をまとめてみた。
いや、やっぱりYUKIは声も顔も最高にかわいいよ。
Girly WAVE/YUKI
YUKI GIRLY WAVE

第3弾フォト&ストーリー集
光を放ち続けるプリズミック・ボーカリスト・YUKIの光と影、共に生きる喜び

GIRLY★シリーズ完結編「フォト&ストーリー集」第3弾
“光と影”というテーマのもと、カメラマン=レイク・タホ、アート・ディレクター=平野文子のタッグにより、大自然のパワー溢れるマウイで撮り下ろされた最新フォト約80ページ。ライター=佐々木美夏によるストーリーは、JUDY AND MARY再始動から解散、ソロ・デビュー、結婚、妊娠、出産と、まさに激動の日々となった4年間の物語。アーティストとして、またひとりの女性として光を放ち続けるYUKIの姿がここにある。

Girly TREE/YUKI
YUKI GIRLY TREE

第3弾イラスト&エッセイ集
光を放ち続けるプリズミック・ボーカリスト・YUKI待望のエッセイ 第3作

GIRLY★シリーズ完結編「イラスト&エッセイ集」第3弾
美容、エコロジー、マンガ、時間、ギャラリー、愛すること、結婚、マタニティ・ライフ、生きる……23のテーマでYUKI自身が書き下ろしたエッセイ&イラスト集は、楽しく美しく幸せに人生を送るためのヒントが満載! もちろんワッツインの人気連載「果てしないたわごと」もvol.69から100まで完全収録。持田香織、スネオヘアーら、YUKIを取り巻く人々からのメッセージも。YUKIが日々撮影した「ごはん」も必見。

GIRLY FOLK MINI
YUKI GIRLY★FOLK MINI


第2弾フォト&ストーリー集が未公開フォトを加えてミニサイズに
フォト・セッション。そしてライター=鉄石美保子によるデビューから活動休止、再始動までのJUDY AND MARYストーリー。2000年発売のものに未発表カット集とYUKI自筆のあとがきを追加収録。

YUKI GIRLY★BOOGIE MINI
YUKI GIRLY★BOOGIE MINI

第2弾イラスト&エッセイ集 自筆あとがきと未公開ポラを追加したミニサイズ版
エッセイは心の内面につっこんだものをテーマとした本音トーク

引っ越し、お金、リラックス、恋、歌う、セックス、家族……といったテーマの2ndエッセイ集。連載はvol.68まで収録。第1弾同様に友人たちからのメッセージなども。今回、新たにYUKI自筆のあとがきと未発表写真を追加。

Girly★Rock Mini YUKI
YUKI Girly★Rock Mini

第1弾フォト&ストーリー集 未発表カットと自筆あとがきを追加したミニサイズ版
YUKIのポジティプな生き方、ヒューマンな魅力にスポットを当てたストーリー・プック

カメラマン=大森克己によるロンドンでのフォト・セッションと、ライター=宇都宮美穂が綴るYUKIの幼少期からバンドでのデビューに至るまでのストーリー。97年に発売されたものに未発表カット集を追加収録とYUKI自筆のあとがきを追加収録。

Girly★Swing Mini YUKI
YUKI Girly★Swing Mini

第1弾イラスト&エッセイ集 YUKIの初めての単行本
1stエッセイ集のテーマは部屋着、くつ、髪の毛、ランジェリー、手紙、恋人、宝物など。ワッツインで94年5月号から始まった連載「YUKIの果てしないたわごと」はvol.33まで収録。新たにYUKI自筆のあとがきと未発表写真を追加。


公式サイト YUKIweb.net

YUKI LIVE “5-star”~The gift will suddenly arrive~
YUKI LIVE"5-star"〜The gift will suddenly arrive〜

YUKIソロ五年間の軌跡を凝縮したスペシャルなLIVE DVD
2007年11月に日本武道館で行われたライブ「YUKI LIVE "5-star"」の模様を中心に据えつつ、このビデオのために撮影された撮り下ろしのショートフィルム、そしてYUKI自らが「YUKI LIVE "5-star"」について語るインタビューなどを織り交ぜて構成される映像作品。ライブのコンセプトなどを語った貴重なインタビューや、YUKIならではの世界観が反映されたショートフィルムを織り交ぜることで、アーティスト「YUKI」の核心に迫る作品に仕上がっています。


YUKIかわいすぎだろwww:ベア速

【関連記事】
YUKIのシングルコレクション「five-star」
2008-09-28

TOEIC公開テスト(第141回)を受けてきました


新TOEICテストよく出る文法問題600新TOEICテスト
よく出る文法問題600
(中経出版)

souiunogaii評価 ハート3つ

TOEICの公開テスト(第141回)を受けてきました。
第138回から連続4回目です。

English Zone 34号のプレゼントで、当たった↑の問題集でPart5,Part6の問題の勉強しています。
少しずつ一問あたりの解答時間も短くなってきました。
2008-09-27

『宇宙でいちばんあかるい屋根』野中ともそ を読んで


宇宙でいちばんあかるい屋根 (角川文庫)宇宙でいちばんあかるい屋根
(角川文庫)
野中ともそ


souiunogaii評価 ハート3つ

内容紹介
少女と星ばぁの涙と優しさ。孤独な二人を抱きしめるまばゆくキュートな物語

家族にも学校にも特に不満のない14歳のつばめ。でも胸が潰れそうに悲しい時があるのだ。そんなある日、ビルの屋上で厭味な婆さん・星ばぁに出会う。やがてうち解け大の仲良しになったのに星ばぁは消えてしまった。

十四歳ってとても不便だ。
中学生とおかしな老女、闇夜の屋上での永遠の物語が
ギクシャクとうごきだした!――絶妙な会話、
胸いっぱいに宇宙が広がるラストへ。
小説すばる新人賞受賞作家の感動作!
もくじ
春の夜の侵入者
隣人へのカード
屋根とほおずき
雨、空のクラゲ
おもたいしずく
瓦の精と、糸電話
甘栗、甘い水のお風呂
夏休み歩行計画
ゆううつな飛行少年
発見
空のしるし


野中ともそ公式サイト おひるねスケッチブック

作家であり、イラストレータでもある野中ともそさんの小説です。

主人公は中学生の女の子、大石つばめ。
幼馴染の近所の大学生の亨くんに想いを寄せている。
ある日彼女は書道教室のあるビルの屋上で、不思議なおばあさん・星ばあに出会う。
その日から、つばめの心に、ほんのすこしずつだけれど、変化が起きていく。
成長していく、より純粋さがとぎすまされてく、という形で。

一人称で語られる、中学生の女の子の物語。

透明感に溢れる、そんな表現がぴったりな、野中さんの文章は読んでいてとても清清しい気持ちにさせてくれる。
そして、朝になればそれらは、まぶしい陽射しに吸い込まれ消えてしまうかもしれないと知っている。
だからこそすべてをそのままたいせつに受けとめ、おぼえておこう。私は誓っていた。

もう、とにかく純粋でまっすぐでひたむきで、一生懸命なつばめの姿に、胸にぐっとくるものを感じる。

この子のように、自分も頑張ろう、そんな風に思える。素直に。

つばめを囲む他の登場人物たちも、それぞれにとてもいい。
星ばあも、父親も、母親も、亨くんも。

つばめが暮らしている、あの町に行ってみたい。
つばめが歩いたのと同じように、家々の屋根を見ながら、同じ空気を感じながら、歩いてみたい。

ラストのちょっぴりファンタジーな感じも、私は大好きだ。
2008-09-20

『楽して成功できる 非常識な勉強法』川島和正 を読んで


「田原総一朗氏大絶賛!」に騙されてはいけない。本書は健康食品の宣伝本です。(嘘・笑)
楽して成功できる 非常識な勉強法楽して成功できる 非常識な勉強法
(アスコム)
川島 和正


souiunogaii評価 ハート1つ

内容紹介
経歴、環境、遺伝子、一切関係なし!
努力しないで、全ての欲を満たす裏ワザ初公開!
無駄な努力が嫌いなあなたに効率的な欲望の満たし方を教えます!
1 勉強しないで、有名大学に入学する方法
2 努力しないで、会社で出世する方法
3 ほとんど働かないで、年収1億円になる方法
4 自動的に、異性が集まってくる方法
5 ガマンしないで、健康的な体になる方法
――ほか、どんな願いも叶える「ある裏ワザ」を大公開

本が好き!より献本。

うーん、タイトルに騙された感が…。

著者の川島和正さんって方、痛いっていうか、可哀想っていうか。

いや、本の内容についていえば、決して間違ったことを書いているわけではないし、
ある意味では正論っていうか王道っていうか、正しいと思うんだけど。

特に、前半の第1章から第3章くらいまでの、成功哲学っていような感じの部分については、そうそうなるほどと思えることも結構あったんだけど。
例えば、著者自身も実践しているという「夢を叶えるためのプロセス」を丁寧に説明してくれているのだが、これは極めて正攻法というか正論というか王道というか、そいういう類のものだ。
本書にある"楽して成功できる"というものとは正反対のところにあるものだと感じるのだが…。
しかし、紹介されている方法論そのものは、納得もできるし共感もできる点も多々あった。
現状を分析し、目標を決めて、そこに到達するまでの最短ルートを探して、まっしぐらに突き進む、時間管理と効率を大切にしながら、という問題解決では最もよくあるパターンのもの。

だったら、その真面目さを正面に出せばいいのに、と思ってしまう。
落ちこぼれだった人が成功者になる、という表現をした方がカッコいいとでも思っているのだろうか?


で、「散々言ったあげく、結局そこかよ!?」みたいな印象をどうしても持ってしまう。

いや、こんな感想しか書けないのは、著者が経営する会社のサイトを見てしまったからかもしれないが。

川島和正オフィシャルページ 株式会社インフォパブリッシング

そうです。いわゆる情報商材です。
あーあ、やっぱりかよ。結局そうなのね。って感じですよ。
もくじ
第1章 落ちこぼれ川島が成功できた秘密
第2章 現在の自分の現状を把握する
第3章 自分の本当の夢を見極める
第4章 最低限やるべきことをリストアップする
第5章 夢を叶える具体的な計画を立てる
第6章 脳をコントロールする
第7章 実際に学習して行動する

まぁ、もうちょっと内容をブラッシュアップしてもらえれば、それなりに読める本になると思うんで…。

それともう1つ気になった点がある。
これは、同じく本が好き!で本書の献本で紹介を書いている以下のページで見つけたことなんだけど。

楽して成功できる 非常識な勉強法 :本読みな暮らし
↑のページで、YO-SHIさんも
この本を読んで私が得たものは、「楽して成功」なんてことは言葉とは裏腹にそう簡単なことではない、という考えを新たにしたことだ。

と書いている。私もまった同じ感想を持った。

で、気になった点というのは、YO-SHIさんも言っている、本書のPRの手法についてだ。
Googleのブログ検索で「"楽して成功できる非常識な勉強法" "お得な本は滅多にありません。"」で検索すると、現在は131件検索されます。そのほとんどで同じ文面が掲載されています。

というわけで、Googleで検索してみると…。
楽して成功できる非常識な勉強法 お得な本は滅多にありません - Google検索

これも、一種の情報商材的手法ですよね。
こういうのを見てしまうと、はぁー、なんだかなぁー、という気持ちになってしまいます。
YO-SHIさんの意見に同感です。

「非常識な勉強法」特設サイト

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。