HOME > 本(小説)恩田陸 :このページの記事一覧
『夜のピクニック』恩田陸 を読んで[2008-03-06]

2008-03-06

『夜のピクニック』恩田陸 を読んで


夜のピクニック (新潮文庫)恩田陸夜のピクニック
(新潮文庫)
恩田陸


souiunogaii評価 ハート4つ

内容紹介
第2回本屋大賞受賞作!ノスタルジーの魔術師が贈る清涼感溢れる名作!!
高校生活のすべてを凝縮したような一夜に起こるささやかな奇跡!!

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために――。
学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。
本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

恩田陸さんを読むのは実は初めて。
全校生徒が丸一日歩き続けるという学校行事「歩行祭」。
300ページを超えるこの小説は、1日の中の出来事で組み立てられた物語。長い長い1日という感じが伝わってくる。

文章のほとんど(印象では7割くらい)が、主人公の甲田貴子と西脇融の2人それぞれの、心理描写というか頭の中で思っていること・考えていること、心の声で構成されている。
3人称なのに1人称のように感じられる表現は、上手いなと思う。
とにかく、高校3年生の頭の中は、もう考えることでいっぱいだ。
大学受験のこと、将来のこと、友達のこと、親のこと、恋愛のこと、などなど。
また、歩きながらの友達通しでの脈絡の無い他愛の無い会話も読んでいて楽しい。
自分が高校生だった頃の頭の中を思い浮かべてみる。ああそうだったよな。そうそうこんなこと考えてたっけ。なんて、いろんなことを思い出すのも面白い。

朝出発して、夜中もずっと歩き、ゴールは翌朝。丸1日の間友達と並んで歩き続ける「歩行祭」。高校生活3年間の最後のイベントとしては、記憶に残る何とも素敵なものだと思う。
突然、公開のようなものが急速に胸の中に湧いて来る。
もうすぐ終わってしまう。何か大事なものを歩行祭で済ませようとしていたのに、何か特別なものを味わおうとしていたのに、何もしないうちに、あと少しで終わってしまう。
貴子の99パーセントは、とっととこの行事が終わって、家に帰って、お風呂入って、ばったりとベッドに倒れこむことを切望している。しかし、残りの1パーセントは、まだこの行事が終わらないでほしい、もっと続いて欲しいと願っているのだった。

登場する高校生たちのそれぞれのキャラクターの様々で楽しい。そうそういるよなこういうヤツみたいな。
歩きながら彼女たちが目にする風景の描き方もとても良い。
住宅街から海が見えるところまで。夕焼けに、日の出。
それに長時間・長距離の歩行による、心と体の疲労の様子も、主人公の心の声によってかなりリアルに感じ取れる。
本当に大変で辛く苦しいけれど、でもそこでしか体験できないものがある。
これぞ青春物語小説だな、と。

高校生の物語だけど、学校が舞台ではないし、教師の姿は全然出てこない。そのことで不思議な空気が作られている。
そして何より驚くのは、高校生なのにケータイを使う場面が1度も無い、というか彼女たちがケータイを持っていないこと。
この『夜のピクニック』は2002年に連載されていたそうだけれど、その頃は地方の高校それも進学校だと、やっぱりケータイはまだまだ普及していなかったんだなと。
今では完全に必需品になっているものでも、それが無かった時代が確かにあったし、その時はそれで十分だったんだと、変なところに感心したりする。

そしてそして、物語の芯になっているのは、主人公の貴子と融の2人が共通に抱えている誰にも言えない深い悩み。それが何らかの形できっと解決される、という予告やヒントみたいなものが伏線を張るかたちで何ヶ所かに置かれながら、この物語は進んでいく。
そして、歩行祭の終わりが見える頃に用意されている、何ともまた素敵なサプライズ。これが良い。とにかく高校生の青春という感じのラストは、読んでいて気持ちが良くなる。

最後に、私が一番気に入った文章を。
時間の感覚というのは、本当に不思議だ。
あとで振り返ると一瞬なのに、その時はこんなにも長い。1メートル歩くだけでも泣きたくなるのに、あんなに長い距離の移動が全部繋がっていて、同じ1分1秒の連続だったということが信じられない。
それは、ひょっとするとこの1日だけではないのかもしれない。
濃密であっというまだったこの1年や、ついこのあいだ入ったばかりのような気がする高校生活や、もしかして、この先の一生だって、そんな「信じられない」ことの繰り返しなのかもしれない。

本小説は、2006年9月に多部未華子主演で映画化もされている。

映画「夜のピクニック」公式サイト
夜のピクニック (ピクニックパック)出演:多部未華子,石田卓也 監督:長澤雅彦夜のピクニック
(ピクニックパック)
出演:多部未華子,石田卓也
監督:長澤雅彦