HOME > 本(文章・表現) :このページの記事一覧
『読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本』芦永奈雄 を読んで[2007-11-04]
『科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式』鎌田浩毅 を読んで[2007-09-17]
絶版になった『ウケるブログ』高瀬賢一 を読んで[2007-08-27]

2007-11-04

『読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本』芦永奈雄 を読んで


読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本 (大和出版)作文指導のプロが教える大人のための文章講座芦永 奈雄読むだけで「書く力」が劇的に伸びる本
作文指導のプロが教える大人のための文章講座
(大和出版)
芦永 奈雄

souiunogaii評価 ハート2つ

いや、この本は決して「読むだけで」効果が出てくるような種のものではない。

もくじ
序章 実は文章を書くことってこんなに愉しい!
 1 「書く力」をつけるには文章術も国語力も必要ない
 2 「書く力」をつけるためのカギは意外なところにあった!
 3 ズバリ、「書けない理由」はここにある!
第1章 大事なのは上手・下手より、「伝わる」ことにある
 1 スラスラ書けるようになるための最大の秘訣
 2 もう表面的な文章術にこだわるのはやめよう
 3 文章を書く前に押さえておくべき最大のポイント
第2章 これならできる!「書く力」がみるみる伸びるこの方法
 1 意外、誰でもスラスラ書けるこの書き方
 2 「ストーリー作文」で、苦手な人も長くおもしろく書ける!
 3 読み手をどんどん惹きつける文章の展開法
 4 一瞬で変わる!文章に迫力が出てくるこの方法
 5 「書く力」が劇的に伸びる3つのポイント
第3章 読むだけで実感!活き活きとした文章の書き方
 1 この狙い目で、書く前に差をつけられる!
 2 文章に味わいを出す――描写を加える
 3 伝えたいことをスパッと伝える――感想を入れる1
 4 文章に奥行を出す――エピソードを入れる1
 5 文章にドラマ性を出す――エピソードを入れる2
 6 伝えたいことを印象深く伝える――感想を入れる2
 7 全体を考えてまとめに入る――仕上げる
 8 文章をどう書くかはあなたしだい
第4章 「自分」を語ることで、もっと「伝わる文章」が書ける!
 1 いっそう「魅力ある文章」が書けるこの方法
 2 あなたは、誰に何を伝えたいのか?
 3 個性を出すのが文章上達の極意
 4 大切なのは絵か?それとも額縁か?
 5 「自分」を語れば「書く力」はどんどんついてくる
第5章 そういうことだったのか!文章上達のために一番大事なこと
 1 土台がなければ力はつかない
 2 あらためて「自分」を見つめ直そう
 3 伝えたいメッセージを綴ることこそ文章の醍醐味
第6章 文章で夢追い人になる!「夢作文」で未来を描こう
 1 いざ、「自分探しの旅へ」!
 2 「夢」をストーリーで思い描いてみよう
 3 「書く」ということほど知的で愉しい経験はない!
 4 夢とは「結果」ではなく「プロセス」
 5 いい文章はあなたの生き方から生まれてくる

後半部の、必要以上に精神論を持ち出してくる点や、本全体から漂ってくる怪しげな自己啓発のニオイなどには、私もアレルギーを感じてしまう。

本書の主題は「文章はテクニックで書くものではない」ということで、それ自体は「なるほど」と思える。
しかし、じゃあ一体どうすればいいんだ?という問いに対して、感覚的な説明や精神論に終始してしまっているのが残念だった。
結局分からないままなんですけど、っていうイライラは残ってしまう。

それでも、読んでおいて損はしないと思う。
私が読んで役に立ったなと思ったのは、第2章と第3章。
ストーリー作文なる方法が提唱されている。それ以外にも細かい手法もいろいろ。

文章を書くときに普段から意識せずにやっていることを、あらためて確認できた気がする。
2007-09-17

『科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式』鎌田浩毅 を読んで


科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式(講談社+α新書)鎌田 浩毅科学者が見つけた「人を惹きつける」文章方程式
(講談社+α新書)
鎌田 浩毅

souiunogaii評価 ハート2つ

本書はいわゆる「文章読本」ですが、著者の鎌田浩毅は小説家ではなく、火山を研究する地質学者です。
鎌田さんは「火山はすごい」という一般向けの火山学の本を書いていますが、そのときに「文章読本」を何冊も読んで、良い文章の勉強をしようとしたそうです。
しかし、
「あまたある『文章読本』で、これが名文だといわれても、しばしば自分にはピンとこない」
「う〜む。これが名文だって!? もののあわれを解さない科学者には、どこが名文か見当もつかない」
ということがあって困ってしまったそうです。
小説家は、自分が名文だと思った文章を集めて、『文章読本』を書く。読者がよく分からないうちに、これは文句なく名文です、と宣言してしまう。
そう言ってしまえば名文となってしまう、という世界なのだ。

そこで著者は、科学者なりの方法で名文を分析しようと試みたのです。
使われた方法はごくごくシンプルなものでした。
文章を、言葉の一つひとつに分解して、整理して、そこから文章全体を見てみる、というものです。
これまでの『文章読本』では、名文の全体を茫洋と見ていた、といってもいい。だから読者にはピンとこなかったのである。
科学者は、部分ごとになにが起きているのか、執拗に調べてゆく。文章でも、使われている言葉に対して、要素に分けて細かく検討する。その次に、全体の成り立ちについて考えるのだ。部分から全体へ、これが本書の基本姿勢である。

科学者の書く「文章読本」というと、どこか無機的で冷たい印象を持ってしまいそうですが、本書においてはそんなことは全くありません。
逆に、「こんなに文学的でしかも論理的で魅力ある文章を書く人が、実は科学者だなんて驚きだ」というくらいに感心してしまいます。

高校時代の現代文の授業は、退屈でつまらないものでした。
でも、本書はそれとは全然違い、非常に楽しめました。
効果的な言葉をたたみかけるように与えることで、読者を催眠状態に導いてゆくのだ。意識しようとしまいと、ここには作者の綿密な計算がある。
名文の技術は、作者が読者にかける催眠術だといってもよい。


本書で、名文として文章が引用されている本を一覧にしておきます。

冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)江國 香織冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫) 江國香織
智恵子抄(新潮文庫)高村 光太郎智恵子抄 (新潮文庫) 高村光太郎
斜陽 (新潮文庫) 太宰治斜陽 (新潮文庫) 太宰治
深夜特急1 香港・マカオ (新潮文庫) 沢木 耕太郎深夜特急1 香港・マカオ (新潮文庫) 沢木 耕太郎
あの空は夏の中 (角川文庫) 銀色夏生あの空は夏の中 (角川文庫) 銀色夏生
2007-08-27

絶版になった『ウケるブログ』高瀬賢一 を読んで


ウケるブログ(技術評論社)Webで文章を“読ませる”ための100のコツ高瀬 賢一ウケるブログ
Webで文章を“読ませる”ための100のコツ
(技術評論社)
高瀬 賢一

souiunogaii評価 

この「ウケるブログ―Webで文章を“読ませる”ための100のコツ」という本、そのわかりやすいタイトルに魅かれてブックオフで買ってきて読んだんですが、後でネットで調べてみたら著作権のトラブルで絶版になっている本だと知りました。
もくじ
第00章 プロローグ
第01章 書く前に
第02章 読み手を一目で惹きつける
第03章 惹きつけた読み手を逃がさない!その1
    〜中身で読み手を魅了する〜
第04章 惹きつけた読み手を逃がさない!その2
    〜読みやすさ、わかりやすさの追求〜
第05章 仕上げ

ホームページの内容が書籍化された本なので、横書きで余白も多く、かる〜い感じですぐに読めます。

“WEBでの文章の書き方”ということで、大きく次の2つのことについて書かれています。
・文章の見た目の大切さ(レイアウト)
・ネタの選び方、探し方
・文章そのものの書き方(文法、語法)

ブログの文章の書き方をいろいろ調べている方なら、どこかのサイトで見たことのある内容、なにかの本で読んだことのある内容ばかりで、特に目新しいことは書かれていないとは思います。

しかし、改めて一冊にまとめてあるこういう本をときどき読むことで、「あ、忘れてたけどそうだったよね」と再認識できることがたくさんあると思います。
当社は,当社刊「ウケるブログ」につき,樋口裕一氏から2006年11月16日に損害賠償等請求事件(東京地方裁判所平成18年(ワ)第25688号)を提起されましたが,同事件は,2007年3月27日,東京地方裁判所において,同書籍の著者高瀬賢一氏を含め,和解が成立して終了しました.
当社は,すでに樋口裕一氏による上記提訴前に,同書籍の回収を完了のうえこれを絶版としておりますが,改めて,以下のとおり表明します.

当社は,「ウケるブログ」(高瀬賢一著)を発行したことを陳謝するとともに,すでに絶版とした同書籍を,今後とも印刷,製本,販売又は頒布しないことを誓約致します.
「ウケるブログ」絶版について :技術評論社からのお知らせ 2007/03/31

この「ウケるブログ」が類似しているという「人の心を動かす文章術」も読んでみようかと思います。

人の心を動かす文章術 (草思社)樋口裕一
人の心を動かす文章術 (草思社)
樋口 裕一
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。