HOME > PC・プログラム・WEB :このページの記事一覧
HinemosエージェントのCentOS7とWindows7それぞれのSNMP設定[2016-02-14]
CentOS7にHinemos5.0.1をインストール[2016-02-13]
Seesaaブログでコードを本文に表示させる(SyntaxHighlighterの使用)[2016-02-13]
自宅Linuxサーバ(3)BeeboxN3000にCentOS7をインストール(USBメモリでnetinstall)[2016-02-11]
自宅Linuxサーバ(2)組立て(ASRcokのBeebox N3000)[2016-02-11]

2016-02-13

CentOS7にHinemos5.0.1をインストール


hinemossite.png
CentOS7に、Hinemos5.0.1をインストールしてみました。

マネージャにするマシンは、CentOS7
エージェントにするマシンは、Windows7
クライアント画面を使用する端末は、Windows8.1
を使います。

NTT DATAのページ
http://www.hinemos.info/

ダウンロード元
https://osdn.jp/projects/hinemos/

参考にしたサイト
http://www.sraoss.co.jp/technology/hinemos/

http://qiita.com/mackerel/items/8f9fb87938cc3083db89

http://d.hatena.ne.jp/hinemos_dev/touch/20150827
2016-02-11

自宅Linuxサーバ(3)BeeboxN3000にCentOS7をインストール(USBメモリでnetinstall)


全開の記事で、組み立てたASRockのベアボーン(Beebox N3000)に、CentOS7をインストールします。

自宅Linuxサーバ(2)組立て(ASRcokのBeebox N3000)

CentOS.orgのサイトから、Mirro Listを見て、IIJのFTPサイトから、netinstall.isoファイルをダウンロード。

https://www.centos.org/download/mirrors/
ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/7/isos/x86_64/

iijcentos7.jpg

ISOファイルをLive USB Createrで読み込んで、インストール用USBメモリを作ります。
https://fedorahosted.org/liveusb-creator/

liveUSB.jpg

では、USBメモリをBeebox N3000本体の前面USBポートに挿し込んで、電源ON。
少し待っていると、CentOSインストールの画面が表示されます。

日本語を選択。
20160211-101.jpg

インストール先のディスクを選択。自動構成のパーティション。
20160211-102.jpg

FTPサイトのURLを入力→「+」ボタンをクリック。
20160211-103.jpg

「!」マークの表示が全部消えたら、インストール開始できます。
20160211-104.jpg

rootユーザのパスワードを登録。
20160211-105.jpg

インストールが終わったら、最後に再起動。
20160211-106.jpg

再起動するときに、すぐUSBメモリを抜くのを忘れずに。
起動後の画面。rootユーザーでログインできることを確認。
20160211-107.jpg
2016-02-11

自宅Linuxサーバ(2)組立て(ASRcokのBeebox N3000)


注文していたベアボーン、メモリ、SSDが届いたので、早速組み立てて起動してみます。

20160211-1.jpg

ASRock Beebox N3000/B/BB Braswell搭載小型ベアボーン ブラック PC2581 Beebox N3000/B/BB

ASRock Beebox N3000/B/BB Braswell搭載小型ベアボーン ブラック PC2581 Beebox N3000/B/BB


souiunogaii評価 


CFD-Panram ノート用 DDR3 1600 SO-DIMM 4GB 2枚組 CL11 W3N1600PS-4G

CFD-Panram ノート用 DDR3 1600 SO-DIMM 4GB 2枚組 CL11 W3N1600PS-4G


souiunogaii評価 


A-DATA Technology Premier Pro SP600 SSD 2.5inch SATA 64GB ASP600S3-64GM-C

A-DATA Technology Premier Pro SP600 SSD 2.5inch SATA 64GB ASP600S3-64GM-C


souiunogaii評価 


Beeboxの箱の裏面、側面の表記はこんな感じ。
20160211-2.jpg
20160211-3.jpg

中身を取り出すと、本体の他にもケーブル、ビス、ACアダプタ、説明書などが。
20160211-6.jpg

メモリ。特にこだわりなく価格だけで選びました。
20160211-5.jpg

SSD。軽さと薄さに驚き。
20160211-4.jpg

ベアボーン本体の裏ぶたを外したところ。
20160211-7.jpg

メモリと、SSDを取り付け。(図入りの説明書がついているので、簡単でした)
20160211-8.jpg

HDMIでディスプレイにつなぎ、キーボード・マウスはUSBでつなぐ。
OSインストールはUSBメモリから。
20160211-9.jpg


自宅Linuxサーバ(1)パーツ注文