2007-10-13

『シンデレラ・ティース』坂木司 を読んで

シンデレラ・ティース (光文社)坂木 司 シンデレラ・ティース
(光文社)
坂木 司


souiunogaii評価 ハート3つ

歯科治療恐怖症というのは、医学書にも載っているれっきとした病気、だそうだ。
この小説「シンデレラ・ティース」の舞台は、とあるオフィス街の歯科医院。

もし歯医者に対して、「怖い」ってイメージ・思い込みを持っているとしたら、この小説に登場する優しい歯科スタッフたちが、それをきっと消してくれる。
歯痛と、小さいけれど大切な秘密に効きます。
注目の新鋭による、ひと夏の物語。

大学生のサキは、大の歯医者嫌い。なのに、ちょっとしたきっかけで、なぜか歯科医院の受付アルバイトをすることになってしまう。
冗談じゃない! 断ろうとするサキだが、いつしか魅力的なスタッフと、患者たちの持ち込む謎に、夢中になっていく。
夏休み、少しだけ彼女は成長していく。
新鋭が柔らかに紡ぎあげた、青春小説ミステリー風!


主人公を含めた、品川デンタルクリニックのスタッフたちそれぞれのキャラクターが、とっても魅力的。

サキ。主人公。大学2年生。小さい頃から歯医者が大っ嫌い。
なりゆきでクリニックの受付係のアルバイトを始める。
笑顔が素敵。まじめで一生懸命。

歯科医は、品川院長、唯史おじさん、成瀬先生、の3人。
女性陣は歯科衛生士の歌子さん、中野さん、春日さん。それに事務の葛西さん。

そして、歯科技工士の四谷さん。

サキは、歯科が苦手ながらも、受付係として、患者への笑顔を忘れずに、とまどいながらも懸命に仕事に取り組みながら、歯科恐怖症を少しずつ克服していく。その姿が、とってもいい。
大学2年生の女の子の、若い力・元気さ・ひたむきさ、がひしひし伝わってくる。
「ありがとう、ここは本当にいいクリニックだね」
一瞬、言葉を失ってしまった。なんだろう、なんか嬉しい。ものすごく苦手な場所なのに、居て良かった、そう思ってしまうほどだ。
(中略)
そして、笑顔。今の私にできることって、やっぱりこれしかないから。

私自身も去年の11月〜今年の1月まで、虫歯の治療のために歯科に通った。
歯科医にかかるのは小学生のとき以来で、実に10年ぶりだった。
歯医者恐怖症の私は、違和感を感じながらも長い間、奥歯の虫歯を放置してしまっていた。
自宅近くのクリニック。最初にそのドアを開けて中に入るときには、恐怖と不安と緊張とでドキドキした。
でも、意を決して入ったそのクリニックが、私が持つ歯科医へのイメージを変えてくれた。大げさかもしれないけれど、医療は「人」なんだと感じた。
新しい器具の開発や治療法の改良なども、もちろんあるんだろう。
けれど、やっぱり大切なのは「人」なんだ。
何回か通ううちに、私の歯医者恐怖症はすっかり治ってしまったみたいだ。
「サキ、患者さんはもともとどこかが痛かったり不快だったりするから、ここへ来るんだ。そこでさらにつらい目に遭わされたら、不幸の二乗だよね。だからここでは、そのストレスをできるだけ減らしてあげたいと思うんだ」

「僕は『良薬は口に苦し』なんてことわざ、大っ嫌いだからね」

患者の気持ちを一番に考え、理解し、納得・安心させてくれ、その上で最善の治療のために力を尽くしてくれる。

この小説のクリニックは、まさに理想の歯医者さんだ。

オフィス街のクリニックには、歯そのもの以外にも、精神的にいろんな悩みを抱えた患者がやってくる。
サキは、そんな患者たちの悩みを何とかして解決してあげたいと、一生懸命になる。

歯科技工士の四谷さんにヒントを出してもらいながら、サキは患者へのアプローチ方法を探っていく。
ちょっとミステリー小説みたいな感じになっているのも、読んでいて面白い。

とにかく、歯医者さんが好きになる、そんな小説だ。

サキの友人のヒロちゃんを主人公にした姉妹編の小説「ホテルジューシー」も、ぜひ読んでみたい。

坂木司といえば、前に読んだ「ワーキング・ホリデー」も面白かった。

 『ワーキング・ホリデー』坂木司 を読んで


この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

冗談じゃない!の最新情報!  :このドラマがすごい!  2007-10-13
Excerpt: このドラマがすごい!気になる最新情報を紹介します! きめたち。冗談みたいだが冗談じゃないよ? まあ、言い方が変なのかな。 心を休めるために学校を休もうと思います。 っていうかお母さんがそうや..

シンデレラ・ティース/坂木司  :狭間の広場  2007-10-13
Excerpt: 坂木 司 シンデレラ・ティース オチって大事ですよねと二作続けて想いました。 ええ想いました。思うんじゃなくて想ったんです。恋焦がれますよ? 四谷さん、あの、泣いているのを慰..

『シンデレラ・ティース』一番好きな作品かもしれない。(坂木司)  :朝から晩まで本を読んでいたい  2007-10-14
Excerpt: 『シンデレラ・ティース』(坂木司/光文社) タイトルの"ティース"とは、言うまでもなく"歯"のことである。 本作は『切れない糸』に続くお仕事小説第二..

「シンデレラ・ティース」読了  :桜夜堂出張所  2007-10-16
Excerpt: シンデレラ・ティース 作者: 坂木 司 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2006/09/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) 大学二年の夏、叶咲子は母に半ば騙されるようにして..

シンデレラティース 坂木司  :"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!  2007-12-27
Excerpt: シンデレラ・ティース ■やぎっちょ書評 坂木司さん初読です。よかったぁ〜♪ ところでのっけからやや関係ないですが、図書館でも本屋でもビストロでも歯医者でも事件は起こる現代社会って怖いですねぇー。..
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。