2016-03-20

Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その2](VMware上のSnow Leopard 10.6.3を10.6.8にアップデート)

前回の記事で、Windows上のVMwareに、Mac OS X Snow Leopard 10.6.3をインストールしました。

Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その1](VMware Player上にSnow Leopardをインストール)

今回は、10.6.3から10.6.8にアップデートをします。
これをすることで、この後、さらに新しいOS (Yosemiteや El Capitan)へアップグレードすることができるようになります。

ソフトウェア・アップデートから更新しようとすると、再起動の時にVMwareがハングアップしてしまいました。
Appleのサイトから、統合アップデータをダウンロードしてから、更新したところ上手くいきました。


Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1:Apple > サポート

macosx28.jpg

macosx30.jpg

macosx31.jpg

再起動後、OSのバージョンが10.6.8に更新されていることを確認。
macosx32.jpg

Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その1](VMware Player上にSnow Leopardをインストール)
Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その3](VMware上のSnow LeopardをEl Capitanへアップグレード)

この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。