2016-03-20

Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その1](VMware Player上にSnow Leopardをインストール)

Mac OS X を使ってみたいけど、いきなりiMacやMacBookを買うには敷居が高い。
ということで、今回はWindows上のVMwareに、Mac OS Xをインストールして動かしてみました。

参考にしたサイト。
ネットブックにMac OS X Snow Leopardをインストールしてみた [方法]:Kotyan Life
Mac本体が無くてもWindowsだけでOS Xをインストールする方法:WILL FEEL TIPS

動作環境、使用したソフトは下記。
・ホストOS:Windows10
・仮想マシン:VMware Player 6
・VMware Unlocker for OS X v130
・ゲストOS:Mac OS X Snow Leopard 10.6.3 のインストールDVD
・Windowsからのリモート接続用ソフト:Real VNC Viewer 4.1.2


B002MRTR1M
Mac OS X 10.6 Snow Leopard


souiunogaii評価 


Mac OS X 10.6.3 Snow LeopardのインストールDVDは、Amazonで3000円程度で購入できます。
P3194918.jpg

P3194919.jpg
一応、Appleの林檎シールもついてますw

必要なソフトをダウンロード。
VMware Player for Windows 32-bit and 64-bit:ダウンロード VMware Player
VMware VIX API for Windows 32-bit and 64-bit:ダウンロード VMware Player

unlock-all-v130.zip:Uploaded

VMware Playerのインストールは、「次へ」をクリックしていけば簡単にできました。

次に、unlock-all-v130のinstall.cmdを管理者で実行。
macosx1.jpg

VMware Playerで、新規仮想マシンの作成
macosx2.jpg

インストーラディスクはDVDを入れるドライブを指定。
macosx3.jpg

・ゲストOS:Apple Mac OS X
・バージョン:Mac OS X Server 10.6 64ビット

macosx4.jpg

仮想マシン名、vmxファイル等の置き場所を指定。
macosx5.jpg

ディスク容量を指定。
macosx6.jpg

ここまでで、仮想マシン作成の準備完了。
macosx7.jpg

仮想マシンの再生。
macosx8.jpg

インストーラが起動。
macosx9.jpg

あとは、流れに沿って進めていきます。
macosx10.jpg

macosx11.jpg

macosx12.jpg

macosx13.jpg

最初は、インストール先のディスクに何も表示されていません。
macosx14.jpg

ディスクユーティリティで、パーティション作成。フォーマットはMac OS 拡張(ジャーナリング)
macosx15.jpg

インストール先のディスクが表示されました。
macosx16.jpg

このあと、しばらく時間がかかります。
macosx17.jpg

インストール完了後、自動的に再起動。
macosx18.jpg

初期設定、流れに沿って進めていきます。
macosx19.jpg

macosx20.jpg

macosx21.jpg

macosx22.jpg

macosx23.jpg

macosx24.jpg

macosx25.jpg

ようやく完了。
macosx26.jpg

Mac OS Xが動くようになりました。
macosx27.jpg

Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その2](VMware上のSnow Leopard 10.6.3を10.6.8にアップデート)
Windows上の仮想マシンでMacOS Xを動かす[その3](VMware上のSnow LeopardをEl Capitanへアップグレード)

この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック