2010-09-12

『あのとき始まったことのすべて』中村航 を読んで

あのとき始まったことのすべてあのとき始まったことのすべて
(角川書店)
中村航


souiunogaii評価 

奇跡の連続。すごく良かった。やっぱり中村航はイイ!
内容紹介
理系の大学を出て、営業マンとして働く僕は、中学の同級生だった石井さんと十年ぶりに会うことになった。
有楽町のマリオンで待ち合わせ、目の前のニュー・トーキョーに入ると、当時の面影を残す石井さんを前にして、
中学時代の思い出が一気に甦った。親友の柳、一年の時に告白してふられた、少し不思議ちゃんの白原さん。
僕、石井さん、柳、白原さんの四人で奈良の東大寺などを巡った修学旅行、そしてそれぞれの思いを秘めて別れとなった卒業式。
やがて酔った二人は、中学時代の思い出を探しに、僕の部屋に向かうが……。
ベストセラー『100回泣くこと』で40万人を涙させた著者が贈る、ノスタルジーとせつなさ迫るラブ・ストーリー。

大好きな作家・中村航さんの最新作です。
もう最高だった。やっぱり中村航ワールド、素晴らしい。

主人公の岡田くんは25歳。ある日、中学の同級生だった女の子の石井さんと偶然再会することになる。10年ぶりに。
会ってすぐに、もう二人は恋に落ちてしまう。

現在と、中学生のころの回想とを非常に巧みに計算された手法でミックスしながら綴られる物語は、これまでの中村作品と同様に、一つひとつのエピソードが丁寧に選ばれた言葉で表現されて、何でもないことがこの上ない奇跡のように感じさせてくれる。
読んでいてものすごく豊かな気持ちになれる。
何かが始まるとき、今がそのスタート地点だと意識できることなんて、ほとんどなかった。
そのとき始まったと思っていたことは、後から考えてみると、もっと前から始まっていたりするし、始まったと思っても実はまだ何も始まっていなかったりする。

前に読んだ『絶対、最強の恋のうた』でも、現在と中学・高校時代とを織り交ぜて、さらに語り手の視点を主人公の二人の間で変えながら、物語を描いて見せてくれたけれど、
本作ではさらに面白い手法が使われている。
岡田くんと石井さんの中学時代を、その二人を見ていた白原さんという女の子が見た物語を途中にはさむという構成になっていて、それがすごく素敵な効果を出していて、この小説をぐっと深く面白みのあるものにしてくれている。

中村航作品の魅力と言えば、何といってもちょっとした出来事を、まるで奇跡のような素晴らしい出来事のように描く、その一つひとつの言葉の美しさだ。
日常にありふれている普通のことのなかにも、実はじっくり注意して探してみれば、すごいと思うことがいっぱい隠れている、そういうことを気づかせてくれる。
「このシーンを魔術師のように美しく書きたいと思うところが時々あるんですね。それは他人が見せるちょっとした仕草だったり、あるいはストーリー上の重要な場面だったりするのですが、そこに言葉にならないくらいの象徴性を持たせたいと思って書いているんです」
ダ・ヴィンチ2010年5月号より

中学時代の思い出そのものの描かれ方もとても綺麗で純粋ですごくいいのはもちろん、それをずっと忘れずに大切に覚えている岡田くん・石井さんの現在もすごくいい。
タイトルに込められた意味をしっかりとかみしめながら、でも一気に読んでしまった。
誰かが誰かの特別になるというのは、とても不思議なことだ。
特別というのは順位の問題ではないし、こだわりや好みともあまり関係ない。
運命といったら違う気もするし、縁というのもぴんとこない。きっと偶然や必然を孕みながら二つの物語が交差し、誰かは誰かの特別になる。時間や距離を巻き込んで、綺麗な気持ちや欲望や執着や理性が、混ざり合うようにうねる。


中村作品はどれも表にあるテーマは男女の透明で純粋な恋愛物語なんだけど、
本作では、別のこともいろいろ描かれている。

中でも、私が心ひかれたのが、岡田くんと会社の先輩・門前さんの関係。
会社を辞めることになった門前だんが、後輩である岡田くんと二人で飲む場面があるんだけれど、そこでの門前さんが語る言葉が非常に印象的だった。
「岡田くんも、もう新人じゃないからな。これからは優先順位を見極められるといいかもな」
「優先順位ですか」
「こんだけ多様な価値観がある中でな、ある物事とかに対して全肯定とか全否定とかはあり得ないだろ。あるのは優先順位だけなんだよ。だからいつも正しい優先順位を考えて、仕事でも人生でも、何が大切なのか理解するんだよ。やりたいことを先延ばしにしすぎないようにな、人生の一時間一分一秒を大事にして、毎日どんな日も人生を賛美できるといいよな」
「ええ。そうですね」

あと、『絶対、最強の恋のうた』の大野くんが、岡田くん・石井さんの中学時代に教育実習の先生として"挨拶は世界三大美徳の一つ"と語ったというエピソードには、中村航作品ファンには嬉しいプレゼントだった。

とにかくすごくすごくイイ物語だった。
中村航さん、ありがとう。


中村航公式サイト
『あのとき始まったことのすべて』特設ページ:角川書店
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信:MSN産経ニュース(2010/5/17)

【関連記事】
『あなたがここにいて欲しい』中村航 を読んで
『100回泣くこと』中村航 を読んで
『ぐるぐるまわるすべり台』中村航 を読んで
『リレキショ』中村航 を読んで
『夏休み』中村航 を読んで
『僕の好きな人が、よく眠れますように』中村航 を読んで
『絶対、最強の恋のうた』中村航 を読んで

この記事へのコメント
こんばんわ、『あのとき始まったことのすべて』僕も最近読みました。(^^

「遊星ハロー」という言葉感や『僕の好きな人が、よく眠れますように』にも出てくる語尾に「○○」を付ける言葉遊びとか中村 航さんらしくてすごく好きです。

ラストの終わり方や余韻も前向きな感じがしてすごく好きでした。

素敵な本です。
Posted by ジョゼ at 2010-09-15
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

「あのとき始まったことのすべて」中村航  :ナナメモ  2010-09-12
Excerpt: JUGEMテーマ:読書 確かなのは、僕らは今を生きるしかないということだ。社会人三年目―中学の同級生との十年ぶりの再会。それが、僕らのせつない恋の始まりだった…。 中村さんらしい物語。十年..

「あのとき始まったことのすべて」中村航  :りゅうちゃん別館  2013-01-28
Excerpt: 25歳が中学時代を思い出す。そして今につながる。 中村ワールドの奥深さを見た作品。    【送料無料】あのとき始まったことのすべて [ 中村航 ]価格:1,470円(税込、送料込) 僕らは今を生きるし..
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。