2010-01-30

『うつくしい人』西加奈子 を読んで

うつくしい人うつくしい人
(幻冬舎)
西加奈子


souiunogaii評価 


内容紹介
会社から逃げ出した女、丁寧な日本語を話す美しいドイツ人旅行者、冴えないバーテンダー。
非日常な瀬戸内海の島のホテルで出会った三人を動かす、圧倒的な日常の奇跡。心に迫る傑作長編!


物語は、会社を辞めた30過ぎの女性が、瀬戸内海のとある島のホテルでゆっくり過ごす数日間を描いたもの。

淡々と、ひたすら何気ない普通の出来事を丁寧にじっくりと描写することで、普段都会にいるときには見えていない大切な何かを思い出させてくれる、そんな作品だと感じた。
夜風が私の顔を、遠慮なく叩いていく。もう一度空を見上げると、やはり星は信じられないほど輝いていて、首に風がマフラーみたいにまつわりついていた。気持ち良かった。何より、どうしよう、やっぱり楽しかった。

読み終わった後、一人でどこかに旅行に行ってみたくなる。

【関連記事】
『あおい』西加奈子 を読んで
『しずく』西加奈子 を読んで

この記事へのコメント
こんな丹念な作品かけるのに・・・?

些細なミスがきっかけココロを癒す?ために旅に。
結構丁寧な作品で、読者の心も落ち着いていく感じ、すきです。

ところが西さんご自身は、結構ハデな方なんですね。
http://www.birthday-energy.co.jp
普通の結婚や恋愛も眼中になく、何でもありなんだって。
そのうち爆発しちゃうかも、なんて書かれちゃうと言うのも、
面白い方だからなんでしょうね。
次作が早速出たみたいですし、楽しみ。
Posted by ハマ at 2011-09-02
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。