2008-08-31

『ウチのシステムはなぜ使えない』岡嶋裕史 を読んで

ウチのシステムはなぜ使えない (光文社新書)SEとユーザの失敗学岡嶋裕史ウチのシステムはなぜ使えない 
SEとユーザの失敗学
(光文社新書)
岡嶋裕史

souiunogaii評価 ハート4つ

皮肉にあふれた文章で、SEを斬る。これほど面白くIT業界を語った本は他に無い!
内容紹介
IT化したのに、なぜか書類の量が激増!
SEに痛い目に遭わされたユーザ、ユーザの無理難題にぶち切れたSE、ともに必読!

その業務、IT化する意味がありますか?
せっかく高いお金をかけてIT化するのであれば、多少今までと仕事のやり方が異なることになっても、従来の手法では不可能だった業務やサービスを可能にするなどの高度化や効率化を追求した方が吉である。IT化された慣れない作業手順で、一時的にせよ却って仕事の効率が悪くなることを懸念するのは当然だが、それは習熟によっていくらでも埋め合わせることができる。
もちろん、SEによる基礎設計が悪ければこの限りではないが、「悪い設計」にさせないための手練手管は本書でゆっくり練習していただければよい。

これ1冊で、IT業界で働くサラリーマン(いわゆるSEという職業)のことと、それを取り巻く環境のことについて、一通りのことが全てざっと理解できる。

私自身、就職活動を始めた頃から、研修を終えて新人SEとして働いている現在に至るまでに、いろんなチャネルから様々なレベルで、たくさんの情報を見て・聞いて・読んできたけれど、
ずばり本書の面白さ・分かりやすさはNo.1であると思う。

何がそんなにすごいのかって、「リアルさ」「現実感」をひしひしと感じれることができる点。
SEという職種とその仕事について、"本音で語っている"特別な本です。
しかもその本音を、IT企業にとってのお客様である、システム導入先の担当者に向けているところがすごいのだ。

SEの職場にある、ありとあらゆる問題や矛盾や悪習を、もう皮肉たっぷりの、そして笑いもたっぷりの文章でバッサリと斬りまくっている。
もくじ
第一部 SEという人々

SEという生き物
開発系の人々
開発技術者の周縁の人々
運用系の人々
第二部 SEと仕事をするということ
間違いだらけのIT企業選び
システム開発を依頼する
SEへバトンタッチ
システム開発の工程を追う
第三部 ユーザとSEの胸の内

そして"SEとは何か"を解説した後には、
ではSEと上手く付き合って、高品質のシステムを安く早く製造納品してもらうためには、一体どうすればよいのか、ということを企業の担当者向けの、IT知識に自信の無い人が理解できる言葉を使って、面白おかしく分かりやすく提案してくれている。

最新の技術知識や専門用語、カタカナ語なども、こういう風に理解をしておけば、十分にSEと話ができる、SEにごまかされたり騙されたりする心配がなくなる、という姿勢で丁寧に本音で説明してくている。

例えばこんな感じだ。

【用語】
オブジェクト指向(objec oriented, 対象指向、使い回し指向)
【想定される文例】
「オブジェクト指向で作っているので、高機能です」
【想定される文例に含まれる誤り】
「オブジェクト指向で作っているので、高機能です」※オブジェクト指向と性能は関係ない
【切り返し技】
「使い回し指向で作っていただいているわけですから、構築費用はお安くなりますよね?」
(中略)
単に作り方が違うだけだ。第二東京タワーの模型を作って下さいと言われたとき、粘土を渡される(=従来型プログラム)のとレゴ(=オブジェクト指向)を渡されるのでは、なんとなくレゴで作った方が失敗はなさそうだ、という程度の頼もしさである。

IT企業でシステムを開発する側の人間にとっては、笑えない冗談や皮肉的表現にあふれた文章が終始続くので、読んでいると、ハッとさせられるとうか、現実を思い知らされるというか、とにかく気づきの多い本です。
それでも、笑わずにはいられませんが。
PL法がソフトウェアに適用されなくて本当によかったと感じている開発技術者はとても多いのである。立法府もさすがにソフトウェアに対してはそんな冒険はできない。

などという文を読むと、もう汗が出てきてしまう。

そして、最後の第三部では、ページを上下に分けて、ユーザ側とSE側の心の動きを、物語風のプロジェクトを通して、業界の真実を語ってくれる。
著者の文才には本当に感心する。これほどの本を書けるひとはなかなかいないと思う。
そうした構造を持つIT業界は、幸せを生産できない螺旋(スパイラル)にとらわれつつある。

これからIT業界への就職を考えている学生さんなんかには、ぜひ読んでおくことをおススメしたい一冊です。

ExcelはWeb5.0death! - 書評 - ウチのシステムはなぜ使えない :404 Blog Not Found

この記事へのコメント
コメントを書く
Name:

URL:

Comment:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『暗証番号はなぜ4桁なのか?』岡嶋裕史 を読んで  :そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)  2008-09-06
Excerpt: 暗証番号はなぜ4桁なのか? (光文社新書)セキュリティを本質から理解する岡嶋裕史 内容紹介 何気ない行動、ちょっとした会話から、重要情報はもれている! 相次ぐ盗難キャッシュカードによる現金引き出し事件..

岡嶋裕史『ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学』  :itchy1976の日記  2009-03-21
Excerpt: ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学岡嶋 裕史光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、岡嶋裕史『ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学』を紹介します。本書のテーマは発注側で..
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。