2011-04-18

そろそろ携帯をスマートフォンに変えようと思っている人が読んでおくべき12個のサイト


a0001_008202.jpg

スマートフォン完全ガイド

docomoのREGZA PHONE T-01Cでスマートフォンデビューした方が、素人目線を大切に解説しているページです。


gooスマホ部に訊け!:教えてgoo

教えてgooに集められた、スマートフォン関連のQAのまとめページです。


docomo スマートフォン製品一覧

とりあえずdocomoのスマートフォン製品一覧ページ。


SoftBank スマートフォン製品一覧

おまけでSoftBankも。


au スマートフォン製品一覧

ついでにauも。


andronavi Androidアプリ・コンテンツマーケット

Android端末で利用できるさまざまなアプリのレビューサイトです。


連載:Androidケータイの歩き方:gihyo.jp 技術評論社

技術評論社ならではの記事がたくさん。


驚くほど薄い! ドコモの全部入りスマートフォン「MEDIAS N-04C」は“ガラケー並み”に使えるか?

日経トレンディネットのレビュー(NECカシオのMEDIAS N-04C)


フィット感抜群! Xperia arcはiPhone 4を超えたか?

日経トレンディネットのレビュー(ソニエリのXperia arc SO-01C)


全部入りスマホ「REGZA Phone」は買いなのか?

日経トレンディネットのレビュー(東芝富士通のREGZA Phone T-01C)


ビジネスユースにも最適、NTTドコモ「GALAXY S」の実用度を徹底検証

日経トレンディネットのレビュー(サムスンのGALAXY S)


法林岳之のケータイしようぜ!!:ケータイWatch


ケータイWatchの連載まとめ。動画あり。


できるポケット docomo Xperia arc スマートに使いこなす基本&活用ワザ150できるポケット docomo Xperia arc
スマートに使いこなす基本&活用ワザ150
(インプレスジャパン)



できるポケット docomo REGZA Phoneをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150できるポケット docomo REGZA Phone
スマートに使いこなす基本&活用ワザ150


2011-04-17

『フリーター、家を買う。』有川浩 を読んで


フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(幻冬舎)
有川浩


souiunogaii評価 



ドラマの方も、すごく好きで見てたし、
最近、有川浩さんが何だか注目されているみたいなので、とりあえずこれを読んでみました。

やっぱり、ドラマでストーリーが頭に入っていると、読みやすいですね。

原作ならではのエピソードもあったりして、楽しめました。

「フリーター、家を買う。」公式サイト:フジテレビ

フリーター、家を買う。DVD-BOX (予約特典ミニクリアファイル無し)フリーター、家を買う。DVD-BOX


souiunogaii評価 
2011-04-17

『往復書簡』湊かなえ を読んで


往復書簡往復書簡
(幻冬舎)
湊かなえ


souiunogaii評価 

内容紹介
手紙だからつける嘘。手紙だから許せる罪。手紙だからできる告白。
過去の残酷な事件の真相が、手紙のやりとりによって明かされていく。
衝撃の結末と温かい感動。書簡形式の連作ミステリ。
もくじ
十年後の卒業文集
二十年後の宿題
十五年後の補修


ミステリー短編3部作。
どれも、手紙のやりとりで、過去の事件の真相が明かされていく、というスタイルの物語。
手紙ならではの、書いてから相手に届くまでの時間差。
そして、書いてあることが真実なのか、嘘、なのか。
最後の最後で、事件の真相を「告白」する手紙が来て、すべてが明らかになる、
そしてちょっとしたサプライズが待っている、というのは、いかにも湊かなえらしい作風。

私が特に、やられた、と思ったのは最後の「十五年後の補修」かな。
最後の「十五年後の補習」にやられました。最後感動的涙の嵐に溺れて放心状態!久々に感動モノだったなぁ。この短編だけの本だったら間違いなく★5つでした。それぐらい良かった。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!

そうそう、万里子と純一の、お互いへの愛情が詰まった手紙、そしてあの感動的なラスト。
やっぱり湊かなえ、すごいです。


手紙で交わす「告白」 湊かなえさん新作『往復書簡』 :asahi.com (2010/10/14)

【関連記事】
『告白』湊かなえ を読んで
『少女』湊かなえ を読んで
2011-04-17

『吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ』山本渚 を読んで


吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)吉野北高校図書委員会3
トモダチと恋ゴコロ
(MF文庫 ダヴィンチ)
山本渚


souiunogaii評価 


内容紹介
どうしよう。いまさら「好き」なんて……
藤枝、かずら、そして大地の関係に異変が!?
好きと友達の境界線は、どこ?

高校2年の秋、男友達の大地に彼女ができて、複雑な気持ちになっていたかずらに、藤枝はまっすぐな想いを向けてくれた。
あれから1年――
進路に悩みながら、かずらは、友達としてそばにいてくれる藤枝への、想いの変化に戸惑っていた。
一方、大地は、友人の小嶋がかずらを「好きだ」と言い出したのをきっかけに、かずらを女の子として意識しはじめて……。

すっかりファンになってしまった「吉野北高校図書委員会」シリーズの第3巻。

今回の主役は、かずら、藤枝、そして大地。

高校3年、受験生となって、自分の将来のことを真剣に、必死に考える中で、
自分の気持ちと向き合い、葛藤する彼らの姿が、とても眩しかった。

第1巻で、藤枝がかずらに告白した後、二人はトモダチとしてお互いを見てきたのだけれど、
それから進路のことを考えるなかで、次第に自分の本当の気持ちに気付かされ、
相手に対してどう接するべきかを懸命に考え、悩む。
そんなかずらと藤枝の姿は、もう、これぞ青春小説な感じで、
このシリーズ通しての魅力だと思う。


「ほなって、今更好きって……どうしようもないやん」
口に出してみると泣きそうになった。
去年の秋、藤枝を傷つけたのは私自身で……
(中略)
藤枝にとってはもう私はただの友達なのだ。
私の気持ちはどう考えてみても「今更」にしかならない。
こんな行き場のない気持ちは欲しくなかった。


【関連記事】
『吉野北高校図書委員会』山本渚 を読んで
『吉野北高校図書委員会2 委員長の初恋』山本渚 を読んで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。