2010-07-20

『この世は二人組ではできあがらない』山崎ナオコーラ を読んで


この世は二人組ではできあがらないこの世は二人組ではできあがらない
(新潮社)
山崎ナオコーラ


souiunogaii評価 

内容紹介
どうして全員が男女二人組でなくてはならないのか。社会とのつながりに切り込む〈反恋愛小説〉。

社会とは一体なんだろうか。この小説の舞台は狭いアパートだ。川を二つ越え、私は日々を営んでいた。大学卒業後、働き始め、経済力がついてきた。好きになること、二人暮らし、戸籍などへの疑念、小説に取り組むなかで、私はなにを捨て、なにを掴んでいくのだろうか。無冠の帝王が描く、純粋素朴な社会派小説。


山崎ナオコーラさんの『この世は二人組ではできあがらない』を読んだ。
感想、とてもとても良かった。
これまで、『人のセックスを笑うな』『カツラ美容室別室』『長い終わりが始まる』『論理と感性は相反しない』を読んできて、読むたびに山崎ナオコーラさんの書く文章が好きだ、そういう気持ちが強くなるのを感じてきたけれど、それがより一層強くなった気がする。

私は、山崎ナオコーラさんの書く小説が大好きだ。

そして本作は、著者自身も以下のように日記に書いている通り、間違いなく山崎作品の集大成的なものになっていると思う。
完全に力を出し尽くしました。
自分でも信じられないくらい、やりきった。
小説について、ずっと考えた。
これは、読んでいただきたい、と思ってしまいます。
構成とか、伏線とか、すごく考えたので、できたら深読みしていただきたい。
もう、これで山崎ナオコーラ第一期は、終わり。



主人公は、大学で日本文学を学び、卒業後は小説家を目指して作品を新人賞に応募し続ける女の子の栞ちゃん。
物語の舞台になっているのが、たまプラーザ、二子玉川、渋谷という東急田園都市線の沿線で、それが著者自身の自叙伝的な雰囲気を感じさせる。
栞ちゃんが、大学の先輩の紙川さんという男性と半同棲生活をしながら、ビミョーな距離感を保ちつつのある意味ちょっと不思議な恋人関係を作る姿が綴られる。
人はひとりで完全だ。だからベターハーフなんて探していない。価値はひとりの人間に十分ある。
「自分の存在のために誰かが必要」という考えでは生き続けられないだろう。アンドロギュヌスが半分に割れて、現在の人間が生まれたなんて、嘘だ。
人と人とは、関係がない。誰も、誰かから必要とされていない。必要性がないのに、その人がそこにいるだけで嬉しくなってしまうのが、愛なのではないか。

栞ちゃんの言葉として綴られる中に、著者山崎さん自身の人生に対する思想というか信念のようなメッセージ性を感じる、非常に力強い言葉がいくつも埋め込まれている。
これぞ山崎ナオコーラワールドだと、そう思う。

いつものテーマが、一つひとつのエピソードによって丁寧に真面目に正面からしっかりと描かれている。

とにかく、主人公・栞はブレない。全然ブレない。
そんな彼女が、半同棲の生活を通して、紙川さんや周囲の人間を少しずつ変えていく、その姿に真理のようなものさえ感じられて、何だかとってもカッコいいなと思った。

一人の人間が自立して自分の人生を歩んでいくということの、意味とか目的とか、そういうものを真剣に考えなきゃというような気持ちになる。
そんな力が、彼女の言葉に込められている。

ただひたすらに、文学というものに真摯に向き合う、山崎ナオコーラの本気を感じられるすごい一冊だった。

社会に放つ若い女性の「つぶやき」
[書評]『この世は二人組ではできあがらない』:asahi.com

【書評】『この世は二人組ではできあがらない』山崎ナオコーラ著:MSN産経ニュース
『この世は二人組ではできあがらない』刊行記念対談 川村 湊×山崎ナオコーラ

【関連記事】
『論理と感性は相反しない』山崎ナオコーラ を読んで
『人のセックスを笑うな』山崎ナオコーラ を読んで
『カツラ美容室別室』山崎ナオコーラ を読んで
『長い終わりが始まる』山崎ナオコーラ を読んで
2010-07-17

『あられもない祈り』島本理生 を読んで


あられもない祈りあられもない祈り
(河出書房新社)
島本理生


souiunogaii評価 

内容紹介
〈あなた〉と〈私〉……名前すら必要としない二人の、密室のような恋――山本文緒・行定勲・西加奈子・青山七恵さん絶賛の至上の恋愛小説。読売新聞、毎日新聞でも話題になった島本理生の新境地!


献本企画「あられもない祈り」島本理生:ブクログ
島本理生 Official Website
【書評】『あられもない祈り』島本理生著:MSN産経ニュース

島本理生さんの作品を読むのは初めて。

うーん…、正直言ってあまり好きではないかな。
文章のスタイルとか、人物の描き方とか、物語全体の雰囲気とか、あんまりグッとくる部分が無かった。
私が男性だから理解できないのかもしれないけれど、そしてこの作品は女性向けに書かれたものだからなのかもしれないけれど、島本さんの他の作品を読んでみたいという気持ちが生まれてこなかった。

何ていうか、人物の顔が見えない気がした。
唐突に、もっと絶望しろ、という一言が蘇っていた。
まだ何百個という言い残しを抱いたあなたを残して、私は席を立った。

主人公の女性も、その周りの男性も、家族も、一つひとつのエピソードに温度が感じられなった。
冷たくも温かくもない気がした。

うーん。
2010-07-11

『婚礼、葬礼、その他』津村記久子 を読んで


婚礼、葬礼、その他婚礼、葬礼、その他
(文藝春秋)
津村 記久子


souiunogaii評価 

内容紹介
疎遠になっていた友人の結婚式に招待された会社員のヨシノ。
計画していた旅行をキャンセルして式に出席すると、上司の親の葬儀に呼び出されてしまう――。
結婚披露宴、葬儀に「召喚」され、その準備に追われるヨシノの心境を丹念に描きつつ、会場での友人や同僚との会話を通して、現代人にとっての冠婚葬祭をつぶさに見つめた力作です。
『君は永遠にそいつらより若い』で太宰賞を受賞し、前作『カソウスキの行方』で芥川賞候補になった著者の描く人物は、現代的である一方、どこか切なく、多くの共感を呼びます。

津村記久子さんはこれで3冊目。

登場人物たちの名前をカタカナにする表現はもう津村さんの作品ではおなじみの手法。
どこか冷めていて、乾いていて、何ていうか独特の空気をもつ世界だ。

友人の結婚式に出席していたのに、会社の上司に呼び出されて葬式に出席することになってしまう主人公のヨシノさん。

式で出る食事をあてにしていたのに、それを食べそこなってしまい終始空腹に苦しめられる姿には、何とも言えない笑いがある。

一緒に収録されている「冷たい十字路」という作品の方は、
これまた津村記久子の世界なんだけど、とってもダーク。

語り手になる人物を順に変えながら、自転車交通事故っていうひとつのできごとを中心に描かれる、ある街の物語。

津村記久子「婚礼、葬礼、その他」:文学賞メッタ斬り!(第139回芥川賞)



【関連記事】
『ミュージック・ブレス・ユー!!』津村記久子 を読んで
『八番筋カウンシル』津村記久子 を読んで
2010-07-07

『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』 を読んで(2)


竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!
(中経出版)
竹岡広信、安河内哲也


souiunogaii評価 


内容紹介
英語教育界のビッグネーム2人が選ぶ、究極の英語学習書ガイドブック!英語教育に20年以上かかわってきた両氏が、「文法」「単語」「英会話」などのテーマで良書をピックアップして紹介します。
1.著者2人がこれまでに接した膨大な英語教材の中から選んだ「おすすめの良書」を紹介
2.「英単語」「英会話」など分野別に、著者の経験にもとづく「本当に力がつく勉強法」を具体的に解説
もくじ
第1章 安河内哲也×竹岡広信 対談
第2章 英単語
第3章 英文法
第4章 英会話
第5章 精読
第6章 多読
第7章 英作文
第8章 リスニング
第9章 発音
第10章 TOEICテストほか
第11章 辞書
第12章 英語環境
第13章 英語雑学


『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』 を読んで(1)
2010-07-07

『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』 を読んで(1)


竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!
(中経出版)
竹岡広信、安河内哲也


souiunogaii評価 


内容紹介
英語教育界のビッグネーム2人が選ぶ、究極の英語学習書ガイドブック!英語教育に20年以上かかわってきた両氏が、「文法」「単語」「英会話」などのテーマで良書をピックアップして紹介します。
1.著者2人がこれまでに接した膨大な英語教材の中から選んだ「おすすめの良書」を紹介
2.「英単語」「英会話」など分野別に、著者の経験にもとづく「本当に力がつく勉強法」を具体的に解説
もくじ
第1章 安河内哲也×竹岡広信 対談
第2章 英単語
第3章 英文法
第4章 英会話
第5章 精読
第6章 多読
第7章 英作文
第8章 リスニング
第9章 発音
第10章 TOEICテストほか
第11章 辞書
第12章 英語環境
第13章 英語雑学

先日、新宿で開かれた「竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!」出版記念セミナーに行ってきました。
竹岡先生、安河内先生のお二人の話、とっても面白かったです。

『英語の頭に変わる勉強法』竹岡広信 を読んで

で、本書の内容ですが、もくじにある通りに、各分野ごとに二人のおススメ本が紹介されています。
それぞれの本の紹介文には、二人の先生の英語学習に対するアツい思いが凝縮されていて、読んでいてとっても刺激を受けます。

で、その素晴らしいおススメ本を以下に並べてみました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。